在宅で働くママWebデザイナーの1日をご紹介します!

Web

こんにちは。tisse design さおりです。

わたしは未経験、ママ、という状態から、フリーランスのWebクリエイターとして現在活動しています。

今回はそんな活動している中での時間をご紹介します。

在宅フリーランスママWebデザイナーの1日のタイムスケジュール

朝:子供の送り、家族の準備でばたばた

朝、だいたい5時〜6時に起きて(たまに起こされて)、そこから子供たちの保育園の準備や、家族のご飯の準備などであっという間にすぎます。

9時〜16時:仕事。ここで終わらせるつもりで集中。

子供を保育園に送って、始業時間は9時。

そこから16時までほぼノンストップで仕事してます。(あ、でもお昼ご飯は食べてます)

最近は、コーディング、制作、講座など色々やっているので、並行でやってたりします。

17時〜:お迎え。夕ご飯、お風呂、寝かしつけ

17時に仕事を終わってからは、保育園のお迎えから夕ご飯の準備、子供たちにご飯をあげて、お風呂に入れて・・・と怒涛のように過ぎ去っていきます。

我が家は専業主婦時代に、子供の生活リズムが20時に寝るようになったので、今でもそのリズムをあまり崩さないように20時にはお布団にいくようにしています。

夜:自分への自己投資。勉強時間などはここでとる。

子供たちが寝てからは、仕事があればそこで仕事をすることもあります。

が、最近はほぼ自分のコンテンツ作りのために時間をつかったり、スキルアップ、情報収集に時間をかけています。

ママは時間がないからこその工夫が必要

1日はだいたい上のような感じで過ごしています。

ただ本当に仕事もして、子供たちと一緒に過ごしてってやっていると全然時間がありません。

なので、効率よくできるように色々とフル活用しています。

時短家電をフル活用

家事、料理などは時短家電をフル活用しています。

例えば、洗濯機もドラム式洗濯機乾燥機を買って、洗濯から乾燥まで一気に任せています。

干す時間で本がちょっと読めたり、手を動かせたりできます。

料理に関しては、圧力鍋や作り置きで、平日のご飯作りは楽をしようとしています。

クラウドツールをフル活用

また、仕事関連では、仕事に使うツールは基本的にクラウドサービスを利用しています。

利用しているツールは

  • Dropbox
  • OneDrive
  • Notion
  • MindNode

などでし。

特におすすめNotionというアプリです。

Evernoteみたいなノートのアプリですが、タスク管理などとてもしやすいのでおすすめです♪

在宅ママWebデザイナーとしてのメリット

この働き方になってから、一番のメリットは「時間の融通」をつけやすいということが一番です。

子供の体調不良や家族の転勤など、色々と不測のことがおきますが、融通がつけやすいので、この働き方にしてよかったなぁと思います。

これから目指される方、おうちで仕事をしていきたいママさん、個別相談ものりますので、お気軽にお問い合わせください♪