お問い合わせフォームは必要?

Web

こんにちは。

tisse designのさおりです。

あなたのサイトにはお問い合わせフォームはありますか?

また、そのお問い合わせフォームへの導線はきちんと設計されていますか?

今回はお問い合わせフォームについて書きたいと思います。

そもそもお問い合わせフォームは必要?

お問い合わせフォームよりもメールアドレスを載せて…と考えてる方、待ってください。

メールアドレスを載せたり、mailtoリンクでメールを送信させるのはセキュリティや迷惑メール対策としてはおすすめしません。

お問い合わせフォームを設置することで、メールではできない「あらかじめしりたい情報を入力してもらう」ということができます。

  • 予算
  • 納期
  • 連絡先

など、後に聞かないといけないことなどを予めフォームに入力してもらうことで、双方の手間が省け、効率的にお話を進めることができます。

お問い合わせフォームの設置方法

では、お問い合わせフォームの設置方法ですが、大きく3パターンあります。

それぞれお話ししていきたいと思います。

静的ページ(HTML、CSS、JS)で作られたサイト

WordPressなどのCMSを使わないものはこちらに当てはまります。

レンタルサーバー次第なのですが、PHPやcgiが使えるかどうかで対応も異なってきます。

PHP、cgiが使える場合

PHP、cgiが使えるレンタルサーバーの場合、mailformProといったスクリプトなどを使用すると、簡単にお問い合わせフォームを設置することができます。

自分でPHPを書きたい方は、頑張ってPHP、Perlを書いてください。

(そのときにセキュリティ対策、迷惑メール対策も忘れないよう…)

PHP、cgiが使えない場合

次に、PHP,cgiが使えないレンタルサーバーの場合です。

この場合はGoogleフォームの埋め込みを使うと良いです。

Googleフォームは無料で使えますし、設問の設定が楽な上に、スプレッドシートと連携してお問い合わせの集計をとることができます。

もちろん上のPHPやcgiが使えるサイトでも使うことは可能です。

WordPressのサイト

WordPressで構築されたサイトでは、Contactform 7 やMW WP Formといったプラグインを使うことで、メール送信、お問い合わせフォームの設置が簡単にできます。

お問い合わせの導線設計が大切

以上、お問い合わせフォームの違いなどを説明しましたが、どのサイト、お問い合わせフォームに関してもサイトの導線設計、フォームの導線設計が大切になってきます。

tisse designでは、企画、導線設計からサイト制作のお手伝いをいたします。

お気軽にお問い合わせくださいませ。